ゲーム実況用PCの極意 プロが語るおすすめの高プレイ環境作り

目次

ゲーム実況用PCの選び方

ゲーム実況用PCの選び方

性能要件: ストリーミングとゲームプレイのバランス

ゲーム実況用PCの選び方として重要なのは、ストリーミングとゲームプレイをスムーズにこなすためのバランスの取れた性能です。

高品質なゲーム配信を行う上で欠かせないのは、強力なCPU、十分なメモリ、高速なストレージ、そしてパワフルなグラフィックスカードといったコアコンポーネントの充実です。

驚くべき画質で複雑なゲームを処理しながら、同時にライブストリーミングのエンコードを行うためには、マルチスレッド処理に優れたCPUが必要不可欠です。

メモリの量はストリーミングの品質に直結し、16GB以上を目安に選ぶことが望ましいでしょう。

また、ゲームのロード時間短縮とデータの読み書き速度向上には、高速なSSDの採用が適しています。

特にグラフィックスカードはゲームのグラフィックを鮮やかに映すだけでなく、高解像度でのストリーミング配信の負荷も支えるため、最新かつ高性能のモデルを検討することが肝要です。

ストリーミングとゲームプレイを両立させるためには、これらのハードウェアの性能がシームレスに機能することが求められます。

また冷却システムも重要であり、長時間の使用に耐えうるよう、適切なケースやファン、液体冷却システムなどを選択することで、ハードウェアの寿命を延ばし性能を安定させることができます。

ゲーム実況用PCを選定する際はこれらの要素を総合的に考慮し、トラブルなくストリーミングを行いつつ、快適なゲームプレイを楽しめる環境作りが必須となるわけです。

精緻なグラフィックと高負荷の配信作業は、それぞれをサポートする十分なスペックのハードウェアを要するため、この精密なバランスを理解することがゲーム実況用PCを適切に選び抜く鍵となります。

予算別の最適なPC構成ガイド

ゲーム実況用PCを選ぶ際、予算は非常に重要なファクターとなってきます。

初心者の方が手頃な価格で始められるエントリーレベルのPC構成では、最新のゲームは中~低設定でのプレイが一般的ですが、快適な実況を目指す場合、ある程度の性能は必要です。

例えば、ゲームプレイのみならず複数のアプリケーションを同時に稼働させるため、中程度の予算を見込んだ構成では、Core i5やRyzen 5のプロセッサ、そして十分なメモリ容量、例えば16GB RAMが望ましいでしょう。

グラフィックカードに関しては、RTX4060やRTX4060 Tiのようなモデルがバランスの良い選択肢になります。

一方で、プロレベルのゲーム実況者が求めるのは、どんなにハードな条件下でも安定したパフォーマンスです。

高い予算を確保できる場合、Core i7やRyzen 7以上のプロセッサ、32GB以上のRAM、そしてRTX4070以上のハイエンドグラフィックカードに目を向けるべきです。

これらは、高品質な映像をリアルタイムでエンコードする能力があり、複数の高解像度ディスプレイをサポートし、また同時にストリーミング、録画、ゲームプレイといったタスクへの対応が可能になります。

実況用のPC選びは、予算と目的に応じて最適なバランスを見極めることが大切です。

ゲームの種類や実況のスタイルにも左右されるため、実需要に見合った構成を心掛けるべきです。

将来的にアップグレードを考えているなら、初期投資を抑えつつも拡張性のあるPCケースやマザーボードを選ぶなど、先を見越した選択肢も賢明です。

将来性を考えたアップグレード計画

ゲーム実況用PCの選び方として、将来性を考えたアップグレード計画を練ることは非常に重要です。

技術は日々進化し、ゲームの要求スペックも上昇するため、購入時に最新かつ高性能なパーツを選んだとしても、数年内には更新が必要になる場合があります。

ですから、初期投資をした際には、将来的なアップグレードのしやすさを考慮することが不可欠です。

マザーボード選びではチップセットのアップグレードパスを意識することが肝心です。

例えば、新しい世代のCPUへの対応能力や、メモリの拡張性に注意しながら選択し、長期間にわたって最高のパフォーマンスを維持できるようにします。

また、電源ユニットは将来の高電力パーツ追加に耐えうる余裕を持ったものを選ぶ事が大切です。

グラフィックカードやストレージは、比較的簡単に交換や追加が可能ですから、ゲーム実況の要求が高まった際に効率良くアップグレードできるような計画を立てると良いでしょう。

さらに冷却システムも重要で、高負荷時に安定して動作させ、長時間の配信も安心して行えるよう配慮する必要があります。

結論として、将来性を見据えながら柔軟にアップグレードできるゲーム実況用PCを構築することは、長期にわたりコスト効率よく配信活動を続けるために必須と言えるでしょう。

耐久性と拡張性のあるPC作りは、長い視点で最高のゲーム実況環境を維持する上での賢明な投資です。

ゲーム実況に最適なCPUとGPUの組み合わせ

ゲーム実況に最適なCPUとGPUの組み合わせ

CPUとGPUの相性と選定基準

ゲーム実況を滑らかで高画質なストリームで配信するためには、CPUとGPUがシームレスに連携を取り合うことが必須です。

選定基準としては、CPUは複数のスレッドを同時に処理できる能力が高いモデルを選び、ゲームプレイと同時にエンコード作業を行えるような性能を持つことが望ましいです。

特にゲーム実況では、グラフィックに負荷がかかりやすいため、Core i7やRyzen 7といった多核・多スレッドに対応した高性能CPUが適しています。

一方でGPUは、高解像度のゲームを滑らかに表示し続けることが大切ですが、配信においてもエンコードを手助けする機能があることが求められます。

RTXシリーズのように専用のエンコーダーを搭載しているGPUは、実況配信の品質を飛躍的に向上させることができます。

エンコーダーが内蔵されたモデルを選択することで、CPUへの負担を減らしつつ、さらに高画質な実況が可能となります。

また、CPUとGPUの相性は配信の品質に直結します。

バランスよく構成されていることで、ゲームプレイ中のフレームレート低下やストリーミング時のディレイを抑えることが可能です。

高性能なCPUに匹敵するGPUを揃えることで、セットとしての性能を最大限に発揮することが可能になります。

特に最新のゲームタイトルを取り扱う実況者にとって、この選定は視聴者が快適に視聴できるかどうかを左右する重要な要素です。

効率的なハードウェアのマッチングは実況者が視聴者に提供できるエンターテインメントの質を向上させるために、決して見過ごすことができないポイントです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40897 2418 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40846 2358 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40846 2358 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38332 2079 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38256 2049 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35273 2235 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35273 2235 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33535 2209 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33535 2209 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32318 2103 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32318 2103 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29059 2040 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28662 1970 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26856 2045 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24475 2104 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24475 2104 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21929 1950 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20227 2016 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19375 1938 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17612 1817 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15938 1779 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15938 1779 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15186 1982 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9014 1747 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9014 1747 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーム実況向けの推奨ハードウェアリスト

ゲーム実況に最適なCPUとGPUの組み合わせを選ぶ際、プレイするゲームの種類や必要な画質に応じて、それぞれの特性を理解しておくことが重要です。

例えば、戦略的にCPUのパワーを要するゲームでは、Intel Core i7やAMD Ryzen 7などの多コア・高クロック速度のモデルが望ましいです。

これらは複数のタスクを同時に処理する能力に優れており、ゲーム実況時のエンコード作業もスムーズにこなします。

また、見た目にもこだわりたい高画質なゲーム実況を目指すなら、NVIDIA GeForce RTX4070以上やAMD Radeon RX 7700 XT以上のGPUが適しています。

これらのグラフィックカードはレイトレーシングやAIによる画像処理など、現代の最新ゲームが求める高度なグラフィック機能をスムーズに実行できます。

さらに、安定したフレームレートを維持しながら、快適なプレイを実現するためには、CPUとGPUがバランス良く連携することが不可欠です。

刻一刻と変わるゲームのシーンに対応するため、過剰なスペックよりも、必要十分な性能を有する組み合わせを見極める眼識が求められます。

実況者としての個性を活かしながら、視聴者に快適な視聴体験を提供したい場合、これらの推奨ハードウェアをベースに、ストリーミングの質を最適化するための追加機材やソフトウェアにも目を向けるべきです。

高性能なPC環境は、ゲーム実況を趣味とする人からプロのストリーマーまで、すべての人々のクリエイティブな活動を支える基盤となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

エキスパートゲーマー必見のマシン。驚きの処理速度とフレームレートで勝利を掴む
心地よいバランスが支える高パフォーマンス。32GBメモリと超速SSDが魅力的
遊び心あるRGB照明と透明パネルが、デスクトップに新たな息吹を吹き込むケース
Core i7 14700が提供するスムーズな計算力で、あらゆる作業を快適に

【ZEFT Z47BOF スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

ストリーマーからコンテンツクリエイターまで、このプロフェッショナルグレードのゲーミングPCが創造力を加速
頂点を極めたパフォーマンス、RTX™ 4070とi7-14700KF、32GB DDR5のトリプルバランスでゲームも仕事もスムーズに
白い美学が光るNZXT H9 ELITEケース、クリアビューでセットアップをクールに演出
新時代の核心、Core™ i7 14700KFが、デジタルライフを加速

【ZEFT Z45ADB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

エキスパート級の性能を持ち、ゲーミングに最適な、真のプレイヤーを満足させる出来栄え
高速なDDR4-3200メモリと1TB SSDによる均整の取れた性能が、スムーズなコンピューティングをコミット
ミニマルながら存在感大のマイクロタワーケース、クリアなサイドパネルで内部までスタイリッシュ
Core i7 14700F搭載、パワフルさと効率性を兼ね備えたCPUが、厳しいタスクも難なくこなす

【ZEFT Z47AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool MACUBE 110 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

強力なコアスペックであらゆるゲームを快適に楽しむ、コンペテントミドルクラスのゲーミングマシン
2023年最新技術搭載、均整の取れたパフォーマンスでヘビーユーザーも納得のスペック
クリアサイドパネルで内部が鮮明に、ミドルタワーケースが提供する洗練されたデザイン性
Ryzen 7 7700の圧倒的処理能力で、最先端のプロフェッショナルワークもスムーズに

【ZEFT R47AB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

マルチタスクもゲーミングもスムーズにこなす、ファンクショナルパフォーマンスのゲーミングPC
32GBメモリと1TB NVMe SSDで、高速データ処理と大容量ストレージを兼ね備えたバランスマシン
落ち着いたデザインのSilencio S600、どんな空間にもなじむエレガントなPCモデル
最新世代Core i5で快速チャージ、無駄のないパワーを体感するCPU搭載PC

【ZEFT Z45GA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

ストリーミングのためのメモリとストレージの重要性

ストリーミングのためのメモリとストレージの重要性

メモリ容量の目安と速度の違いが与える影響

ゲーム実況をスムーズにこなすためには、メモリの容量と速度が非常に重要な役割を果たします。

ストリーミングはリアルタイムでコンテンツを配信するため、十分なメモリ容量がなければ遅延やカクつきが生じやすくなります。

実況プレイを行うPCでは、最低でも16GBのメモリが必要とされていますが、より快適に運用するためには32GB以上を目安とすると良いでしょう。

さて、メモリの速度に関しても見逃すことはできません。

メモリ速度が速いほどPCとメモリ間のデータのやり取りが迅速に行われ、処理能力が向上します。

特にゲーム実況では高画質な映像を扱うため、データの転送速度がそのパフォーマンスを左右することになります。

例えば、DDR4メモリの場合、速度が2400MHzのものと3200MHzのものがありますが、3200MHzの方が高速に動作し、より快適なゲーム実況を可能にします。

また、ストレージにおいても、ゲームのロード時間短縮やデータの書き込み速度向上のために、SSDの使用が推奨されます。

ゲームデータや配信に必要なファイルを素早く読み込むことができるため、HDDと比較してカクつきの心配がぐっと減ります。

このように、メモリ容量と速度、そしてストレージの選定は、高品質なゲーム実況には欠かせない要素です。

これらのポイントを踏まえたPCの構成を考えることで、視聴者にとっても楽しめる滑らかな実況環境を作り出すことができます。

SSDとHDDの使用ケースとパフォーマンス比較

ゲーム実況用のPCで高いパフォーマンスを発揮するために、ストレージ選択は避けて通れない道です。

ここでは、SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の使い分けと、それによってもたらされる効果について詳しく解説します。

SSDの特徴はその素早いアクセス速度にあります。

シーケンシャルリード/ライトがHDDより遥かに優れており、ゲームの読み込み時間の短縮やソフトウェアの応答性向上に直結します。

特にゲーム実況では、ゲームが重い部分でのフリーズや遅延は視聴体験を損なう可能性があるため、システムやゲームをインストールするドライブにはSSDが推奨されます。

一方、HDDは容量あたりのコストが非常に安く、大量のデータをコスト効果良く保存するには適しています。

実況映像のアーカイブ保存や大量のゲームデータ、さらには動画編集時の一時ファイルなどを扱うストレージとして、HDDの大容量は非常にありがたい存在です。

しかし、HDDは機械的な部品を使用しているため、物理的な耐久性やショックに対する弱さがあり、またSSDに比べて騒音や発熱のリスクも高いです。

ですから、HDDは静かで快適な実況環境を構築する上で、ある程度の注意が必要です。

じゃあどう使い分けるかというと、起動ドライブにはSSDを選び、システムの素早い起動とゲームの応答性向上を図ります。

そして、一方でデータドライブやバックアップ用にはHDDを組み込むことで、コストと容量のバランスを取るのが良いでしょう。

最終的には、SSDとHDDの長所を賢く活用して、安定した高パフォーマンスな実況環境を構築することが重要です。

PCケースと冷却システムの選定

PCケースと冷却システムの選定

ゲーム実況中のヒートマネジメント戦略

ゲーム実況中のヒートマネジメントは、快適かつ安定したストリーム配信のための不可欠な要素です。

ゲームプレイの激しいシーンでは特に、PC内部の熱が急上昇し、パフォーマンスの低下やハードウェアの故障へとつながりかねません。

そのため、適切なPCケースと冷却システムの選定が極めて重要になります。

適切なエアフローを確保するために、大きめのケースを選び、十分なスペースで内部の熱が逃げやすくすることが基本です。

さらに、高性能なエアクーラーまたは水冷クーラーを採用することで、CPUやGPUといった核心部分の温度を効率的にコントロールすることができます。

また、ファン配置は冷却効果を最大かつ最適化するために細心の注意を払うべき点です。

吸気と排気のバランスを慎重に計画し、全体的なエアフローを整えることで内部温度が一定に保たれ、ハードウェアの信頼性と寿命を高めることができます。

ホットスポットを回避する方法として、追加のファンを設置またはカスタムする選択も非常に有効です。

ゲーム中にPCが静かであることも視聴者にとって快適な視聴環境を提供するためには重要であり、このためにも低騒音で高効率なファンを見極めることが肝心です。

課題となりがちなダストの蓄積を防ぐフィルターの採用も忘れてはならないでしょう。

熱管理を適切に行うことで、ゲーム実況のプロセス全体がスムーズに展開し、結果として視聴者は中断されることのない最高のエンターテイメント経験を享受できるのです。

プロのゲーム実況者はこの重要性を理解し、システムの安定性と長期的なパフォーマンスを担保するため、賢明な選択を心掛けています。


クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

エキスパートゲーマー必見のマシン。驚きの処理速度とフレームレートで勝利を掴む
心地よいバランスが支える高パフォーマンス。32GBメモリと超速SSDが魅力的
遊び心あるRGB照明と透明パネルが、デスクトップに新たな息吹を吹き込むケース
Core i7 14700が提供するスムーズな計算力で、あらゆる作業を快適に

【ZEFT Z47BOF スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

ストリーマーからコンテンツクリエイターまで、このプロフェッショナルグレードのゲーミングPCが創造力を加速
頂点を極めたパフォーマンス、RTX™ 4070とi7-14700KF、32GB DDR5のトリプルバランスでゲームも仕事もスムーズに
白い美学が光るNZXT H9 ELITEケース、クリアビューでセットアップをクールに演出
新時代の核心、Core™ i7 14700KFが、デジタルライフを加速

【ZEFT Z45ADB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

エキスパート級の性能を持ち、ゲーミングに最適な、真のプレイヤーを満足させる出来栄え
高速なDDR4-3200メモリと1TB SSDによる均整の取れた性能が、スムーズなコンピューティングをコミット
ミニマルながら存在感大のマイクロタワーケース、クリアなサイドパネルで内部までスタイリッシュ
Core i7 14700F搭載、パワフルさと効率性を兼ね備えたCPUが、厳しいタスクも難なくこなす

【ZEFT Z47AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool MACUBE 110 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

強力なコアスペックであらゆるゲームを快適に楽しむ、コンペテントミドルクラスのゲーミングマシン
2023年最新技術搭載、均整の取れたパフォーマンスでヘビーユーザーも納得のスペック
クリアサイドパネルで内部が鮮明に、ミドルタワーケースが提供する洗練されたデザイン性
Ryzen 7 7700の圧倒的処理能力で、最先端のプロフェッショナルワークもスムーズに

【ZEFT R47AB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

マルチタスクもゲーミングもスムーズにこなす、ファンクショナルパフォーマンスのゲーミングPC
32GBメモリと1TB NVMe SSDで、高速データ処理と大容量ストレージを兼ね備えたバランスマシン
落ち着いたデザインのSilencio S600、どんな空間にもなじむエレガントなPCモデル
最新世代Core i5で快速チャージ、無駄のないパワーを体感するCPU搭載PC

【ZEFT Z45GA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

エアフロー最適化のテクニック

ゲーム実況用PCの高いパフォーマンスを維持するには、効率的なエアフロー最適化が不可欠です。

本項では、エアフローの最適化テクニックについて解説していきましょう。

まずエアフローとは、PCケース内部の空気の流れのことを指し、これが適切に設計されていないと、熱が蓄積されコンポーネントの寿命が短くなったり、プレイ時のパフォーマンスに影響を与えます。

エアフローを最適化する一つのポイントとして、ケース内部のケーブル配線を整理し、空気の流れの障害を取り除くことが挙げられます。

ケーブルはできる限りケースの背面や隠れる部分に束ね、空気がスムーズにフロントからリア、あるいはトップへと流れるよう工夫します。

次に、ファンの配置ですが、フロントに取り入れる吸い込み用ファンと、リアやトップに配置する排気用ファンとを組み合わせることが大切です。

このバランスを適切に保つことによって、内部の温度上昇を防ぎつつ、冷たい外気を効率良く取り入れることが可能になります。

また、エアフローの最適化には、ファンの種類やサイズ、そして回転速度が重要な役割を果たします。

大口径で低回転のファンは静音性に優れつつも十分な風量を確保できるため、ゲーム実況での長時間使用には適しています。

さらに、PCケースの選定に際しては、エアフローを促進する設計がなされているかどうか、例えばメッシュタイプのフロントパネルや、十分なエアインテークスペースを持つモデルを選ぶことが望ましいです。

このように、PCケースと冷却システムの細かな点に気を配りながら、エアフローを最適化することで、安定した高性能を保ちながら、ゲーム実況用PCの長寿命化と快適なストリーミング体験を実現できます。

長時間にわたってエキサイティングなプレイを視聴者に届けたい実況者は、このテクニックに確かな目を向けてみてください。

ゲーム実況の快適性を左右する周辺機器

ゲーム実況の快適性を左右する周辺機器

ストリーミングに最適なモニタの選び方

ゲーム実況用PCにおけるモニタ選びは実況のクオリティを大きく左右する要素であり、特にストリーミング時にはその重要性が増します。

モニタはゲームの映像を正確に伝えるだけでなく、実況者が自身のパフォーマンスを発揮するための窓口ともなるためです。

ストリーミングに最適なモニタとは、主に高いリフレッシュレートを持つことによって、滑らかで鋭敏な映像を提供することが求められます。

例えば、最低でも60Hz以上が望ましいですが、ゲームのジャンルによっては120Hzや144Hzを推奨する場合もあります。

さらに、遅延を極力避け、即座の反応が要求されるゲーム実況では、レスポンスタイムが短いモニタの選択が肝要です。

1msから5msのレスポンスタイムを目安に選ぶことで、動きの激しいゲームでも残像が少なく、快適なプレイが可能になります。

加えて、色域範囲も見落とせないポイントであり、広い色域に対応することで鮮やかな映像を再現し視聴者にもっと楽しい視聴体験を提供することができます。

sRGBカバー率95%以上のモニタなら、リッチな色彩表現が期待できます。

また、視聴者がストリームを快適に視聴するためには、解像度が高いモニタも求められます。

フルHD解像度は現在の標準ですが、より細部までクリアに見せたい場合は、4K解像度のモニタが推奨されることもあります。

実況者としての視点だけでなく視聴者の視点に立って、モニタを選ぶことがゲーム実況において最良の結果を導き出します。

これらの要素を踏まえた上で、用途に合わせてモニタを選定することがプロの実況者に求められる洞察力です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

キー入力とマウス操作の正確性を向上させるアイテム

ゲーム実況の世界において、高いパフォーマンスを実現するためにはただ強力なPCスペックがあれば良いというわけではありません。

快適性を大きく左右するのが、キー入力とマウス操作の正確性です。

実況プレイ中、緻密な操作が求められる場面では、レスポンスの良いキーボードやマウスが絶対に欠かせません。

特に、メカニカルキーボードは優れたタクタイルフィードバックと高速なキー登録速度で、応答性に優れた入力体験を提供します。

また、DPI(Dots Per Inch)設定が高度にカスタマイズ可能なゲーミングマウスは、細かな動きを捉える重要な要素です。

感度調整が瞬時に行えることで、ゲームのジャンルに応じてマウスの応答性を変えることが可能になり、プレイヤーはより正確な操作を行うことができます。

加えて、エルゴノミックデザインは長時間の使用においても疲労を軽減し、最適な状態をキープするためには重要な要素と言えるでしょう。

そして、キーボードやマウスと同様に、マウスパッドの選択も見落とせません。

表面の質感によって、マウスの滑りや精度が影響を受けるため、滑らかな動きと速度制御をバランス良く実現できるマウスパッドを選択することは、ゲーム実況で高い操作性を維持するための秘訣です。

周辺機器の選び方一つで、ゲーム実況のクオリティは大きく変わるため、各機器の特性を理解し、自らのプレイスタイルに最も合ったものを見極めることが極めて重要です。

ストリーミングソフトウェアとPCの相性

ストリーミングソフトウェアとPCの相性

現役ストリーマー推奨のストリーミングソフトウェア

ゲーム実況の世界では、ストリーミングソフトウェアが成功の鍵を握っています。

その中でも現役ストリーマーから高い推薦を得ているのは、多機能かつ柔軟性に富んだOBS Studioでしょう。

高品質なストリーミングが容易に行えることはもちろん、画面のカスタマイズから複数のソースを扱うことができ、ストリーマーのクリエイティビティを最大限に引き出すことが可能です。

また、XSplitも一つの強力な選択肢です。

特にゲーム実況を行う上での操作性の良さや、直感的なインターフェースが重宝され、ストリーマーによってはこのソフトウェアの方が適していると考えられることもあります。

プラグインや拡張機能によるカスタマイズが可能で、様々なストリーミングニーズに対応します。

なお、これらのソフトウェアをPCと完璧に融合させるには、PCのスペックが重要なファクターになることは言うまでもありません。

遅延のないスムーズなストリーミングを実現するためには、十分なCPUパワー、メモリ、そして高速なインターネット接続が必要不可欠です。

実況に没入できる高プレイ環境を構築し、視聴者に最高の視聴体験を提供するためにも、これらのソフトウェアの選択とPCスペックの見極めは、ストリーマーにとって極めて重要と言えるでしょう。

このように、ストリーマー推奨のストリーミングソフトウェアは、その使いやすさと高度な機能性で、実況プレイに深みと色を加えます。

ゲーム実況用のPCとの無限の組み合わせで、個々の創造力を十分に発揮する準備が整っています。

PCリソースへの負担を考慮したソフトウェア設定

ストリーミングソフトウェアを使う際には、PCの性能要件とソフトウェアの設定が非常に重要です。

高品質なゲーム実況を行なうためには、ソフトウェアはPCリソースを効率的に使う必要があります。

これはゲームプレイのパフォーマンスに直接影響するからです。

例えば、CPUの負荷を分散させたり、GPUの専用エンコーダーを活用することで、滑らかで鮮明な映像をストリームしつつ、ゲームのフレームレートを維持することができます。

また、ストリーミングソフトウェアには複数の品質設定が存在し、これらを最適化することがカギとなります。

ビットレートを適切に設定することで、視聴者に対してクリアな視聴体験を提供する一方で、ネットワークの帯域幅を過度に圧迫しないようにすることが求められます。

さらに、解像度やフレームレートの調整を通じて、配信のクオリティとPCのパフォーマンスのバランスを見極めなければなりません。

PCのスペックが十分であれば、高い設定でストリーミングを楽しめますが、そうでない場合には、設定を細かく調整して最適なストリーミング体験を追求することが大切です。

経験を積むことで、自分のPCに合った最良の設定を見つけることができ、ストリーミングの品質向上につながります。

ゲーム実況用PCを構築する際、このようにストリーミングソフトウェアとPCの相性を理解し、適切に設定することが極意といえるでしょう。

ゲーム実況用PCのセキュリティとメンテナンス

ゲーム実況用PCのセキュリティとメンテナンス

セキュリティ対策ソフトの必要性と選び方

ゲーム実況用PCのセキュリティ対策は、快適なプレイ環境を守るうえで欠かせない要素です。

セキュリティソフトの選び方一つを間違えると、重要なデータが失われたり、実況配信中にトラブルが発生する恐れもあります。

そこで重要なのが、常に最新の脅威に対応できるセキュリティソフトの選択です。

信頼性の高いセキュリティソフトは、日々更新を重ね、新たに発見される脅威からPCを守ってくれます。

また、ゲーム実況では、システムの安定性が求められますから、パフォーマンスに影響を与えずにしっかりと保護するソフトが理想的です。

リアルタイム保護機能を備えたセキュリティソフトは、疑わしい動作を即座に検知してくれるため、実況時における不測の事態からもPCを防護します。

ユーザーインターフェースの使いやすさも見逃せません。

直感的な操作で各種設定が可能なセキュリティソフトは、ゲーム実況に集中したいユーザーにとってもストレスがありません。

さらに、サポート体制が充実していることも、トラブル時に迅速に対応できるかどうかのポイントです。

適切なセキュリティソフトの選定は、日々の実況活動をスムーズに、そして安全に行うために不可欠なのです。

常に更新され、リアルタイムでの保護が可能で、使いやすくサポート体制の整ったセキュリティソフトを選ぶことがゲーム実況のためのPC環境を守る秘訣です。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

エキスパートゲーマー必見のマシン。驚きの処理速度とフレームレートで勝利を掴む
心地よいバランスが支える高パフォーマンス。32GBメモリと超速SSDが魅力的
遊び心あるRGB照明と透明パネルが、デスクトップに新たな息吹を吹き込むケース
Core i7 14700が提供するスムーズな計算力で、あらゆる作業を快適に

【ZEFT Z47BOF スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

ストリーマーからコンテンツクリエイターまで、このプロフェッショナルグレードのゲーミングPCが創造力を加速
頂点を極めたパフォーマンス、RTX™ 4070とi7-14700KF、32GB DDR5のトリプルバランスでゲームも仕事もスムーズに
白い美学が光るNZXT H9 ELITEケース、クリアビューでセットアップをクールに演出
新時代の核心、Core™ i7 14700KFが、デジタルライフを加速

【ZEFT Z45ADB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

エキスパート級の性能を持ち、ゲーミングに最適な、真のプレイヤーを満足させる出来栄え
高速なDDR4-3200メモリと1TB SSDによる均整の取れた性能が、スムーズなコンピューティングをコミット
ミニマルながら存在感大のマイクロタワーケース、クリアなサイドパネルで内部までスタイリッシュ
Core i7 14700F搭載、パワフルさと効率性を兼ね備えたCPUが、厳しいタスクも難なくこなす

【ZEFT Z47AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool MACUBE 110 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

強力なコアスペックであらゆるゲームを快適に楽しむ、コンペテントミドルクラスのゲーミングマシン
2023年最新技術搭載、均整の取れたパフォーマンスでヘビーユーザーも納得のスペック
クリアサイドパネルで内部が鮮明に、ミドルタワーケースが提供する洗練されたデザイン性
Ryzen 7 7700の圧倒的処理能力で、最先端のプロフェッショナルワークもスムーズに

【ZEFT R47AB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

マルチタスクもゲーミングもスムーズにこなす、ファンクショナルパフォーマンスのゲーミングPC
32GBメモリと1TB NVMe SSDで、高速データ処理と大容量ストレージを兼ね備えたバランスマシン
落ち着いたデザインのSilencio S600、どんな空間にもなじむエレガントなPCモデル
最新世代Core i5で快速チャージ、無駄のないパワーを体感するCPU搭載PC

【ZEFT Z45GA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

PCのパフォーマンスを維持する定期メンテナンス

ゲーム実況用PCのパフォーマンスを維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

適切なメンテナンスを行うことで、システムの応答性や安定性、さらには長期にわたる耐久性を保つことができます。

最も重要なのが、オペレーティングシステムのアップデートを常に最新の状態に保つことです。

これにより、セキュリティパッチが適用され、不具合が少なくなります。

また、PCの内部に溜まるほこりは冷却能力を低下させ、オーバーヒートの危険性を高めますので、定期的に内部の清掃を行うことが大切です。

空気圧を利用した除塵や、ケースを開けての掃除が効果的です。

高性能なゲーミングPCほど発熱が激しいため、冷却ファンが正常に動作しているかもチェックしましょう。

さらに、ハードディスクの断片化整理も定期的に実施する必要があります。

これにより、データの読み書き速度が向上し、ゲーム中のローディング時間の短縮を図れます。

ただし、SSDを使用している場合は、断片化整理は不要です。

このほかにも、起動時に不要なアプリケーションが多く立ち上がっていないか確認し、不必要なプログラムを起動から外すことで、メモリの使用量を最適化することも大切です。

これらのメンテナンスを定期的かつ計画的に実行することで、トラブルのリスクを減らし、快適なゲーム実況環境を維持できます。


ゲーム実況を鮮明に伝える映像と音声機器

ゲーム実況を鮮明に伝える映像と音声機器

高品質キャプチャカードの選び方

ゲーム実況の核心は視聴者に最上の体験を提供することにあり、そのためには高品質な映像と音声の伝送が不可欠です。

特に、映像のクリアさと滑らかさは視聴者の没入感を大いに左右しますが、これを保証するためには選択するキャプチャカードの性能が鍵となります。

優れたキャプチャカードは、高解像度ゲームの映像を忠実に捉え、リアルタイムでコンピュータに送信することができます。

そのための選択基準としては、まず対応する解像度とフレームレートを確認し、現在から将来にわたってもゲーム実況の需要に応じられる性能を有しているかどうかを見極めることが肝要です。

次に、接続インターフェースの互換性を検討することも重要です。

USBやPCI-Expressなど、持っているPCのポートに適合するか否か、そして信号遅延が少ないタイプを選ぶことで、ストリーミングの質を大幅に向上させることが可能です。

さらに、キャプチャカードが提供するソフトウェア機能も、使いやすさや編集機能、ストリーミングの効率化に大きく寄与します。

例えば、簡単な編集が可能なソフトウェアが付属していると、実況の途中での簡易的な映像調整がスムーズに行えるため、ゲームプレイに集中できるでしょう。

最後に、耐久性やサポート体制も見逃せません。

長時間の使用に耐えるしっかりとした作りの製品、そして万が一のトラブルに備えたメーカーのサポートが整っているかどうかは、安定した実況活動を維持する上で欠かせないポイントです。

高品質キャプチャカードの選択は、ゲーム実況をよりプロフェッショナルなレベルへと引き上げるための投資と言えるでしょう。

クリアな音声を確保するマイクとオーディオインターフェース

ゲーム実況を鮮明に伝える映像と音声機器の中核となるのが、無論、マイクとオーディオインターフェースです。

クリアな音声は視聴者が実況者との深い繋がりを感じる上で不可欠であり、実況のプロたちは音質に妥協しません。

優れたマイクは細やかなニュアンスや呼吸さえも拾い上げ、ゲームの世界観をよりリアルに伝達します。

環境音を適切にカットしながら必要な音声のみを拾うことが重要となるため、コンデンサータイプやダイナミックタイプの選定がキモとなります。

さらに、オーディオインターフェースはそのマイクが描き出す音色を損なうことなく、クリアにPCへと伝送するための橋渡し役を務めます。

高音質な録音を実現するためには、インターフェース選びにおいて低ノイズなプリアンプを有し、かつ、豊富な入出力オプションがあるものが理想的です。

また、使い勝手を考え、USB接続で簡単にセットアップ可能なモデルが多くの実況者に支持されています。

録音のクオリティは実況動画のプロフェッショナリズムを示すバロメーターであり、視聴者に対する敬意を示すものです。

このように、確かなマイクと信頼できるオーディオインターフェースの組み合わせは、ゲーム実況における高品質な音声伝達を実現し、視聴者に最上の体験を提供します。

実況における声は単なる伝達手段ではなく、視聴者を惹きつけ、時にはゲーム以上の魅力を生む要素になり得るのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

実況プレイヤーが語る: 選定ヒントとアドバイス

実況プレイヤーが語る: 選定ヒントとアドバイス

実体験から得たゲーム実況用PCのカスタマイズのコツ

実際にゲーム実況用のPCをカスタマイズする際には、高負荷がかかるゲームプレイと生放送の同時実行を想定したパーツ選びが重要です。

まずは、パワフルな処理能力を持つCPUを選ぶことが必須であり、多くの実況プレイヤーが推奨するのは、現時点での最新かつ高性能なモデルを選ぶことです。

また、ゲームの映像をスムーズに表示し、かつエンコード作業も効率よく行えるグラフィックボードもカスタマイズの要です。

さらに、安定した動作のためには十分なメモリ容量を確保すること、そこでは16GB以上を目安にするのが賢明です。

ゲームのロード時間短縮とOSの起動速度向上のためにSSDを選択し、長時間のストリーミングで発生するデータを保存するための大容量のHDDも見逃せません。

加えて、システムの熱管理も重要なファクターです。

適切な冷却システムを整備することで、長時間の使用でもパフォーマンスの低下を防ぐことができます。

例えば、高品質なCPUクーラーやケース内の循環を促進するファンレイアウトは、熱による影響を軽減します。

静音性も実況時の音声クリアさを保つために考慮すべき点です。

最終的に、これらの要素をバランス良く組み合わせ、個人の予算内で最大限のパフォーマンスを抽出するカスタマイズが、プロレベルのゲーム実況用PCの秘訣となります。

ゲーム実況用PCを自らの手でカスタマイズすることにより、刻々と変化するゲーム環境やストリーミングニーズに柔軟に対応し、視聴者に最高の体験を提供し続けることが可能です。

トラブル回避のための予備知識とチェックリスト

ゲーム実況用PCの構築においてトラブルは付き物ですが、予め知識とチェックポイントを把握しておくことで、多くの問題を未然に防ぐことが可能です。

例えば、ストリーミング中のフレームドロップや遅延は、ぎりぎりのスペックでPCを運用することにより生じるケースがしばしば見られます。

最適なパフォーマンスを確保するためには、過負荷にならないよう、プロセッサやグラフィックカードをはじめとしたコンポーネントの選定に注意が必要です。

また、ゲームの読み込み速度やマルチタスキング性能に直結するストレージの速さは、素早く動くゲームや複数のアプリケーションを同時に扱う場合に非常に重要です。

SSDの採用が広まっていますが、容量と速度のバランスを見極めることが鍵を握ります。

サウンド環境にも気を配りましょう。

視聴者に快適な音声を届けるためには、ノイズキャンセリング機能を持つマイクや適切に調整されたオーディオインターフェースが必要です。

画質・音質の良し悪しは視聴者の滞在時間に大きく関わってくるため、クリアで均一なサウンドを確保することでよりプロフェッショナルな実況を演出できます。

加えて、長時間の実況には快適な環境が不可欠です。

適切な照明やエルゴノミクスに基づいたチェアの選定は、体への負担を減らし、集中力を維持する上で重要な要素となります。

これらのポイントを実行に移すことで、ゲーム実況用PCとしての高プレイ環境を確立し、視聴者にとっても快適なエンターテインメントの提供が可能になります。

これらの予備知識とチェックリストを心に留め、万全なセットアップを目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次