スマート選択で視聴者を魅了 ライブ配信用PCの達人に学ぶ裏ワザ

目次

ライブ配信用PCの基礎知識

ライブ配信用PCの基礎知識

ライブ配信の世界への第一歩

ライブ配信とは、インターネットを通じてリアルタイムで動画や音声を送信することです。配信者がカメラやマイクを使ってその場で起こっている出来事やパフォーマンスを撮影し、視聴者はパソコンやスマートフォンを通じてそれを同時に見たり聞いたりできます。SNSや専用のプラットフォームがこの機能を提供しており、誰でも手軽に始められることもあり、コンサート、トークショー、ゲームの実況など幅広い用途で利用されています。視聴者はリアルタイムで反応を示したり、コメントを送ったりすることも可能なため、配信者と視聴者の間でコミュニケーションが生まれるのもライブ配信の大きな魅力の一つです。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

エンターテインメントとクリエイティブの境界を超える、このマシンでプレイも仕事もスムーズに
速度と安定性、美しさが融合した32GB DDR4メモリとGen.4 SSD搭載のバランスモデル
プレミアムなサイレンス ? Silencio S600ケースで洗練されたデザイン性と静穏性を誇る
分厚いタスクもサクッと処理、Core i5 14600KFで快適プロセス

【ZEFT Z45G スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

高性能を手軽に。バランスドハイパフォーマンスが魅力のゲーミングPC
RTX 4070の鮮烈なビジュアルとi5の敏速パフォーマンスがハーモナイズを実現
静穏性を纏ったスチールボディ、Antec P10 FLUXで妥協なきデザイン性
最新技術搭載、i5-14600KFが切り拓く、次世代の速さの新章

【ZEFT Z45J スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

ハイパフォーマンスと快適なユーザー体験を追求するアドバンスドグレードのゲーミングPC
大容量128GBメモリと最新Core i7で、シームレスなマルチタスクと迅速なレスポンスを実現
クリアパネルでキラめくRGB、ミドルタワーが醸し出す圧倒的な存在感
最新のCore i7-14700Fで、あらゆる作業を高速処理

【ZEFT Z47AF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

最新のパワーでプロレベルの体験を実現する、エフォートレスクラスのゲーミングマシン
高速DDR5メモリ搭載で、均整の取れたパフォーマンスを実現するPC
コンパクトでクリーンな外観のキューブケース、スタイリッシュなホワイトデザインのマシン
クリエイティブワークからゲームまで、Core i9の圧倒的スピードを体感

【ZEFT Z47CC スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CC

高性能PCが変える配信の質

配信用PCは、インターネット上でリアルタイムの動画配信を行うために最適化されたパーソナルコンピュータのことです。

配信するコンテンツに応じて強力なCPU、充分なRAM、高性能なグラフィックスカード、高速なインターネット接続が必要となります。

また、複数のカメラやマイク、オーディオミキサーといった機材を接続できるだけの入出力ポートも大切です。

さらに、長時間の使用に耐える冷却機能や安定性にも配慮されています。

ゲーム実況、音楽配信、トークショーといったさまざまなライブ配信を快適に楽しむために、特にこの用途に特化した機能が搭載されているのが特徴です。

なぜライブ配信用PCが重要か

ライブ配信用PCを準備することにはいくつかのメリットがあります。

まず、専用のPCを使用することによって、ストリーミングに必要な性能をしっかり確保できる点が挙げられます。

これにより、配信中に画像や音声が途切れたり、遅延が生じるといった技術的な問題を避けることができ、視聴者に快適な視聴体験を提供することができます。

また、専用のPCを設けることで、他の作業を行っているPCとは別に配信活動に集中することができるため、作業の効率が上がります。

ゲーム配信や高品質のビデオを扱う場合などでは、グラフィックスカードやCPUなどの強力なコンポーネントが要求されるため、それに見合った構成のPCを用意することが必要です。

加えて、配信専用機とすることにより、配信プラットフォームや必要なソフトウェアなどを一元管理でき、迅速に配信環境のトラブルシューティングやアップデートを行うことができます。

最後に、視聴者とコミュニケーションをとるためのチャットツールやインタラクティブな機能もスムーズに運用するためには、専用のPCがあると非常に役立ちます。

これらのメリットにより、ライブ配信用PCはストリーマーにとって大切な投資となるのです。

スマホからPCへのステップアップ理由

スマートフォンからパソコンにライブ配信を変えると、いろいろな良い点が見つかります。

まず、パソコンの方がずっと大きな画面で操作ができますので、配信中のコンテンツやチャットなどの細かい部分までしっかり見えるようになります。

次に、パソコンは処理能力が高い場合が多く、複数の作業を同時に行いながらでも、スムーズに配信を続けられます。

また、ウェブカメラやマイク、照明などの配信機材を自由に選ぶことができ、高画質や高音質で視聴者に快適な体験を提供しやすくなりますし、専門のソフトウェアを利用することで視覚効果や音声調整も細かくできるため、クオリティの高い配信が可能となるでしょう。

長時間の配信でも、パソコンは電池の持ちが良いですし、電源に繋いで使用することができるので安心です。

ですから、よりプロフェッショナルな配信環境を整えたい方には、パソコンでの配信がオススメですね。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

必須スペック ライブ配信PCの心臓部

必須スペック ライブ配信PCの心臓部

配信の質を決定するPCスペックの選び方

ライブ配信用のPCを選ぶ際には、安定した配信を実現するために特にCPUの性能を重視するのが大切です。

高い処理能力を持ったCPUは、動画のエンコードや複数のアプリケーションを同時に動かす際にスムーズな配信を可能にします。

次に、十分なメモリも必要で、ライブ配信では通常のPC使用時よりも多くのメモリを消費するためです。

また、高速なインターネット接続を確保するための有線LANポートの存在、高解像度のカメラや複数のディスプレイを接続できるための十分な数のUSBポートやHDMIポートも重要なポイントになります。

グラフィックスカードは、ゲーム配信や高解像度の動画配信をする場合に、よりパワフルなものを検討する必要があります。

また、冷却システムも配慮するべきで、長時間の利用に耐えうる冷却能力を持ったPCが適しています。

最後に、大量のデータを扱うライブ配信では、十分な容量をもった高速なストレージ、例えばSSDの搭載も配信のクオリティを左右します。

これらの要素を踏まえて選ぶことで、快適なライブ配信体験を提供できるPCを手に入れることができます。

描画力が鍵! グラフィックボードの役割

ライブ配信用のPCにおけるグラフィックボード選びのポイントは、まず配信の内容によって必要なパフォーマンスが異なるため、何を基準に選ぶかをしっかり考えることが大切です。

例えば、単にウェブカメラを使った顔出し配信のみであれば、それほど高性能なグラフィックボードは必要ありませんが、ゲーム配信を行う場合や、複数の映像を同時に扱うようなシナリオであれば、より高いグラフィック処理能力が求められます。

また、配信ソフトウェアがGPUを利用してエンコーディングを行う機能を持っている場合、グラフィックボードが重要な役割を果たします。

特にNVIDIAのグラフィックカードにおけるNVENCというエンコーダーは、低いCPU負荷で高品質なストリームが可能になるため、ライブ配信では非常に重宝されています。

さらに忘れてはならないのが、グラフィックボードの消費電力と発熱です。

特に小型のPCケースや複数のグラフィックボードを搭載する場合、これらの要因がシステムの安定性に影響を及ぼすことがあるので、十分な冷却対策や電源の容量も考慮する必要があります。

最後に予算を考慮して、これらの要素をバランスよく満たすグラフィックボードを選ぶことが王道となります。

安定した配信品質を保ちつつ、長時間の使用にも耐えうる耐久性を備えたグラフィックボードを選んで、快適なライブ配信環境を整えましょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35908 74116 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29861 73410 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28915 68322 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25972 67501 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23552 55638 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19777 50473 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19093 51121 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17834 45876 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16863 42441 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13359 34605 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13358 35054 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13243 34422 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12371 30376 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10744 31736 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10575 28579 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10566 27498 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7281 19618 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6225 16040 130W 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

高性能ゲームに適したパフォーマンス、スタンダードに新たな基準を―その名は、アドバンストゲーミングPC
注目のバランス―GeForce RTX 4060Tiと32GBメモリがもたらす圧倒的パワーハーモニー
クリアパネルから覗く先進技術、ミドルタワーケースのお洒落なフォルム
快速に進化したCore i7 14700が君臨する未来型パフォーマンス

【ZEFT Z47BK スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

ゲーミング至上主義、快速32GBメモリ搭載の究極ミドルレンジPC
唯一無二のバランス、最新のGeForce RTX™ 4070で視界良好
静寂を紡ぐ、CoolerMaster Silencio S600の洗練された佇まい
エキスパートに捧ぐ、驚愕のCore™i7-14700KFパフォーマンス

【ZEFT Z45AD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFW

エリートゲーマーのためのパフォーマンス重視マシン、圧倒的な速度とクオリティを実現
ピークのパフォーマンスを紡ぎ出す、32GBメモリと2TB超高速 SSD搭載のバランスの良いPC
独特な白い外観と透明なサイドパネルで、スタイリッシュなデザインが目を引くゲーミングPC
プレミアムパワー、IntelR Core? i9-14900KF。最先端の処理能力で無限の可能性を

【ZEFT Z45BFW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BFW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

スピードとパフォーマンスを求める方必見!頂点を極めるハイスタンダードゲーミングPC
ピークを極めるパフォーマンス、30GBメモリ、RTXが揃い踏みのハイスペックモデル
エレガントな透明パネルから覗くRGB光彩が魅せる、スタイリッシュでユニークなケースデザイン
快速なカルキュレーション、Core i5 14600KFが未来へアクセス

【ZEFT Z45OA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45OA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

力強いパフォーマンスを求めるゲーマー向け、アドバンスドグレードのゲーミングPC
RTX 4060Tiとi7の威力、32GB超速メモリでスムースなゲームプレイが保証されるマシン
スタイリッシュ省スペース、クリアパネルで光るCoolerMasterデザインのPC
最新Core i7 14700KF、躍動する高速プロセッシングが魅力のモデル

【ZEFT Z45AFB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AFB

複雑な処理もスムーズに! CPUの選択

ライブ配信用のPCでCPUを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

まず、配信の品質はCPUの性能に大きく左右されるので、高い処理能力を持つCPUが推奨されます。

特にエンコードという配信データをリアルタイムに処理する作業がCPUには求められるため、複数のコアを持ち、マルチスレッドに対応したものが良いでしょう。

また、配信では複数のアプリケーションを同時に動かすことがよくあるため、多くのタスクを同時にこなせる性能も重要です。

ゲーム配信をする場合には、ゲーム自体のプレイにも多くのリソースを要するため、より高性能なCPUが求められます。

さらに、動画編集やグラフィック作成などの補助作業を行うことも考えられるので、そのような負荷の高い作業もスムーズにこなせる性能が望ましいです。

冷却能力も重要な要素の一つです。

高性能なCPUは発熱量も多いので、適切な冷却システムと併せて考える必要があります。

選んだCPUに適した冷却装置を選び、適切な冷却が行われるようにすることで、長時間の配信でも性能の低下やトラブルを防げます。

最後に、予算も大きな考慮点です。

高性能CPUへの投資は配信の品質を大きく向上させることができますが、予算内で最適な性能を提供するモデルを選択することが大事です。

効率的な投資を行いつつ、自分の配信スタイルに合った最適なCPU選びを心がけましょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40897 2418 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40846 2358 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40846 2358 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38332 2079 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38256 2049 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35273 2235 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35273 2235 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33535 2209 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33535 2209 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32318 2103 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32318 2103 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29059 2040 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28662 1970 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26856 2045 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24475 2104 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24475 2104 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21929 1950 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20227 2016 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19375 1938 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17612 1817 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15938 1779 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15938 1779 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15186 1982 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9014 1747 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9014 1747 公式 価格

同時作業の効率を上げるメモリの考察

ライブ配信用のPCにおけるメモリ選びでは、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすためにも十分な容量が重要です。

一般的には16GB以上を推奨されることが多いですね。

配信ソフト、ゲーム、通信ツールなどが同時に走ることを考えると、余裕を持ってメモリを増設すると良いでしょう。

また、メモリの速度もパフォーマンスに影響を与えますので、高速なものを選ぶとより快適に配信活動を行うことができるでしょう。

ただし、ご使用のマザーボードが対応しているメモリの種類と速度を必ず確認してください。

さらに、安定したパフォーマンスのためには、信頼性の高いブランドのメモリを選ぶことも大切です。

データの転送においてエラーが少なく、長時間の使用に耐えられる品質のものが望ましいですね。

最後に、将来的なアップグレードを考慮してメモリスロットを1つ空けておくなど、拡張性も考慮に入れて選ぶと後々便利です。

ですので、最初から大容量のメモリモジュールを選ぶか、後からも追加可能な構成を心がけるといいでしょう。


映像キャプチャの重要性 キャプチャカード

ライブ配信用のPCにおいてキャプチャカードを選ぶ際は、いくつかの大切なポイントに注意する必要があります。

まず、互換性と安定性を確認してください。

あなたが使っているPCのシステムに適しているかどうか、またドライバが安定しているかが重要です。

次に、入力解像度とフレームレートです。

配信したいコンテンツに合ったスペックを持っているかどうかをチェックしましょう。

高解像度や高フレームレートでの配信を望む場合は、それに対応しているキャプチャカードを選ぶ必要があります。

また、遅延時間も重要なポイントです。

リアルタイムでゲームのプレイを配信する場合、遅延が少ないことが求められます。

信号変換に時間がかかり過ぎないキャプチャカードを選びましょう。

インターフェースのタイプにも注目です。

キャプチャカードはPCI-Express接続やUSB接続など、複数のタイプがありますので、自分のPCに合ったものを選ぶことが大切です。

入出力接続の種類にも目を向けてください。

キャプチャカードにはHDMIやSDI、コンポーネントなど様々な種類の入出力があります。

配信しようとしている機器の接続端子と合っているかを確認してください。

最後に、ソフトウェアのサポートにも気を配ることが大事です。

キャプチャカードには専用のソフトウェアが付属している場合が多いですが、使いやすさや機能性を事前に調べて、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

これらのポイントを押さえて選ぶことで、快適なライブ配信環境を構築できるでしょう。

高速かつ大容量! ストレージの選び方

ライブ配信用のPCでストレージを選ぶときには、まずデータの読み書き速度が重要です。

高速なSSD(ソリッドステートドライブ)を選ぶと、動画の保存や編集、ライブ配信のデータ処理がスムーズになります。

大容量のファイルを扱うことが多いため、ストレージの容量も十分に大きなものを選ぶ必要があります。

また、信頼性もポイントです。

頻繁にデータを書き込む配信作業では、故障に強い耐久性の高いストレージが望ましいです。

バックアップのために、内蔵ストレージとは別に外付けのストレージを利用するのも一つの方法です。

そうすることでデータの安全性を高め、万が一の際にも安心です。

これらを踏まえて、パフォーマンス、容量、信頼性を総合的に考慮して選ぶとよいでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ソフトウェアとその推奨PCスペック

ソフトウェアとその推奨PCスペック

万能配信ツールOBS Studioとその要求スペック

OBS Studioを快適に使うためには、ある程度のPCスペックが求められます。

基本的に、OBS StudioはCPUとGPUの性能に依存する部分が大きいです。

CPUについては、Intelのi5シリーズやAMD Ryzen 5以上のものが望ましいとされています。

ただし、より高度なエンコードや複数の高解像度ストリームを処理する場合には、よりパワフルなプロセッサが必要になります。

グラフィックスカードに関しては、特にストリーム時のゲームプレイが重要な場合、NVIDIAのGTXシリーズやAMDのRadeonシリーズなどの中?上級のものが推奨されます。

また、メモリは8GBのRAMを最低限とし、より多いメモリが望ましいとされています。

ストレージに関しては、SSDが推奨されることが多く、OBS Studio自体はそれほど多くのストレージスペースを必要としませんが、ライブ配信の録画データは大きくなりがちですので、十分な容量を持つSSDが理想です。

インターネット接続も重要な要素ですので、高速で安定したブロードバンド接続を確保してください。

ライブストリーマーにとって、アップロード速度は特に重要なので、これが十分に確保できていることが望ましいです。

最終的なPCのスペックは、使用するOBS Studioの設定や、同時に行うアプリケーションの使用などによっても異なりますから、自分の用途に合ったスペックを見極めることが重要です。

公式サイトやフォーラムを参考にしながら、必要な情報を得ることもお忘れなく。

プロ級配信のXSplit Broadcasterの推奨環境

XSplit Broadcasterを快適にご使用いただくためのお勧めのPCスペックについてですが、まずCPUはIntel Core i5 6th generation以上または同等のAMDプロセッサが良いでしょう。

メモリは8GB以上が望ましいですし、なおかつ高速なSSDの使用が推奨されます。

グラフィックスカードに関しては、NVIDIA GeForce 8 Series以上か、AMD Radeon HD 7xxx以上か、またはIntel HD Graphics 4000以上が必要です。

DirectX 10.1対応のGPUがあるとさらに良いでしょう。

オペレーティングシステムはWindows 10 64-bitを使うことが一般的です。

インターネットの接続環境については、高品質なライブ配信を行いたいと考えるならば、安定した高速のブロードバンド接続が求められます。

これらのスペックが整っていれば、XSplit Broadcasterを使ったライブ配信をスムーズに行うことができるはずです。

始めるならこれ! N Airの必要条件

N Airは、配信ソフトとして利用する際に、特定のPCスペックを推奨しています。

これにより安定したライブ配信を実現できます。

快適に使用するためには、Intel Core i5-4670プロセッサ(AMDの場合は同等以上)と、8GBのRAMが必要です。

さらに、DirectX 10対応のグラフィックスカードが求められ、またWindows 8以上のオペレーティングシステムでの利用が前提となっています。

インターネットでのライブ配信を行う場合、適切なアップロード速度を持つネットワーク接続も重要です。

これは、配信の品質に直接関わる部分なので注意が必要です。

以上のスペックを参考に、お使いのPCがN Airの利用に適しているかどうかをチェックしてみてください。

直感操作で人気のStreamlabs OBS

Streamlabs OBSを快適に使用するためには、特定のPCスペックが推奨されています。

まず、オペレーティングシステムはWindows 7以降が必要です。

プロセッサーはIntel Core i5-4670またはそれに相当するAMDプロセッサーが推奨されており、グラフィックカードに関しても、NVIDIA GeForce GTX 660もしくはAMD Radeon HD 7870以上の性能が望ましいです。

RAMについては、8GB以上を搭載しておくとよいでしょう。

ただし、これらはあくまで推奨スペックであり、実際の使用状況に応じて、より高いスペックが必要となる場合があることも留意してください。

ストリーミングで高解像度のビデオを扱う、多くのソースやシーンを同時に処理するといった複雑な配信を計画しているなら、さらに高性能なPCが必要となる場合があります。

ですから、使用する具体的な内容に応じてPCのスペックを考慮し、選定することが重要です。

画面録画も思いのまま! bandicam

BandicamはPCのスペックによってそのパフォーマンスが左右されるので、快適にライブ配信を行いたい場合は、ある程度のスペックが求められます。

推奨されるスペックについてですが、まずはCPUに関してですがインテルCore i5シリーズ以上あるいは同等のAMDプロセッサーが好ましいでしょう。

またグラフィックカードに関しては、NVIDIA GTX 660以上やAMD Radeon R7 265以上が適しています。

メモリは8GB以上を用意しておくと安定した動作が期待できます。

もちろん、SSDを主要なストレージとして利用することで、より高速なデータの読み書きが可能になり、結果的にライブ配信のパフォーマンス向上に寄与するでしょう。

Windowsのバージョンに関しては、Windows 7以上(64ビット)が必要ですが、最新バージョンへのアップデートを推奨します。

これらのスペックは、あくまで推奨であり、より高いスペックを持つPCを使えば使うほど、より快適なライブ配信体験を提供することができます。

ブロードバンドインターネット接続も重要ですので、良質なインターネット環境を整えることも忘れずに行いましょう。


さまざまな配信シーンとその推奨PCスペック

さまざまな配信シーンとその推奨PCスペック

影響力向上! プロモーション用途のPC選び

プロモーションのためのライブ配信を行う際には、スムーズな配信と高品質なコンテンツ提供が求められますので、それなりのスペックを持ったPCが推奨されます。

まず、プロセッサはIntel Core i5以上か、あるいは同等のAMD Ryzen 5以上が望ましく、これにより配信ソフトウェアと同時に複数のアプリケーションを効率良く動かすことができます。

メモリに関しては、少なくとも8GBを目安にしていただくと、複数のタスクを同時に処理する際にも余裕をもって作業できるでしょう。

ストレージについては、高速なSSDを搭載しているPCを選ぶと良いです。

256GB以上の容量があれば、OSやソフトウェア、必要なデータを保存するのに十分ですし、ライブ配信中のデータの読み書きもスムーズになります。

グラフィックスは、プロモーションビデオや画像などのメディアを扱うことを考えると、統合グラフィックスよりもNVIDIAやAMDの専用グラフィックスカードを搭載したPCの方が望ましいでしょう。

さらに、良質なライブ配信を行うためには、インターネットへの接続も重要ですので、有線LANポートもしくは安定したWi-Fi接続を保てる機能を確認してください。

特に高解像度での配信を考える場合には、ネットワークの帯域幅が大きければ大きいほど良いです。

またデバイスが備えるべき重要なポイントとして、Webカメラやマイクロフォンなどの配信機材を接続するための十分なUSBポートの存在も忘れてはいけません。

これらのスペックを参考にしつつ、実際の用途やご予算に応じて最適なPCを選んでいただくと、魅力的なプロモーションライブ配信が実現すると思います。

状況に応じては、カスタムメイドのPCを検討するのも一つの手かもしれません。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

視界を支配するゲーミングがここに、アドバンスドグレードの力強いPC
RTX 4070&DDR5メモリ搭載、最新性能のバランスを追求したスペック
NZXT H5 Flowケースに包まれた洗練、クリアサイドで光が舞うデザイン性
Core i5 14400Fが心臓部、高速処理でゲームも作業も滑らかに

【ZEFT Z47Q スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47Q

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

クオリティスタンダードでゲーマーを魅了するパワフルゲーミングPC、満足度も高性能も保証済み!
64GBの大メモリとRTX 4060搭載、バランスよく高スペックなモデルで快適プレイ!
コンパクトなマイクロタワーケースに、サイドクリアパネルで内部が輝くスタイリッシュデザイン!
Core i5 14400Fで最新ゲームもサクサク動く、プレイが加速するCPU搭載!

【ZEFT Z47J スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースDeepCool MACUBE 110 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BY

ゲーミングの頂点を目指すアドバンスドランクPC、これが新たな戦いの始まり
優れたCPU性能、圧倒的描画力!バランス良く組まれたこのマシンが多様なゲームを快適に
シンプルながらも洗練、スチールパネルの筐体でスタイルにこだわるゲーミングモデル
Core i9 14900F搭載、驚異の処理速度を体感せよ!スーペリアハイティアで差をつけるPC

【ZEFT Z47BY スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

高性能Core i7とRTX 4060が織りなす、上質なバランスのゲーミングPC
快適プレイを支えるトリプルスペック!16GBメモリと1TB SSDの黄金配合
Silencio S600は静寂そのもの。デザインとサイズ感が生み出す上品PCケース
最新Core i7が躍動!負荷の大きなタスクも余裕で駆け抜ける

【ZEFT Z47AC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AC

企業ブランディング 説明会・研修向けPC

企業説明会やオンライン研修のライブ配信では安定した配信品質が求められるため、適切なPCスペックを整えることが大切です。

最低限必要なPCのスペックとしては、中級クラス以上のプロセッサー(例えばIntel Core i5シリーズ以上や同等のAMD Ryzenシリーズ)、8GB以上のRAM、そして十分な速度と容量を持つSSDが推奨されます。

また、ライブ配信中のデータ処理を滑らかにするためには、グラフィックスカードも重要で、内蔵グラフィックスよりも専用グラフィックスカードを搭載しているPCが理想的です。

インターネットの回線速度も配信品質に影響を与えるため、高速な有線接続が可能なネットワークインターフェイスも考慮してください。

カメラやマイクも配信の質に直結するため、高画質なウェブカメラやクリアな音質のマイクを使用することをお勧めします。

これらのスペックを満たすことで、視聴者に良い印象を与えることができるでしょう。

知識共有の場 ウェビナー・講演用PCスペック

ウェビナーや講演会のライブ配信を行う際におすすめするPCのスペックは、まず安定したパフォーマンスを確保するために、中級以上のプロセッサー、たとえばIntel Core i5やAMD Ryzen 5以上が望ましいです。

メモリは配信ソフトウェアの要求にもよりますが、スムーズな運用のためには少なくとも8GB以上を搭載していることをおすすめします。

さらに、ライブ配信ではビデオのエンコードも要求されるため、専用グラフィックスカードがあるとより良いパフォーマンスを期待できます。

ストレージに関しては、高速なSSDを採用しているPCを選ぶと、システム全体の応答速度が向上し、データの読み書きもスムーズになります。

ライブ配信ではインターネットへのアップロード速度も重要なので、有線LANポートもしくは高速な無線LAN機能を備えていると安定した通信が保てます。

Webカメラやマイクロフォンの性能も配信のクオリティを左右しますので、内蔵されているものが基本レベルに満たない場合は、購入するPCのUSBポート数や互換性をチェックし、必要に応じて外部デバイスを追加できるようにしておくと良いでしょう。

全体として、配信内容に応じて必要なソフトウェアや機能の要求スペックを確認し、それを基準に選ぶことが重要です。

また、将来的に配信のクオリティアップを図るかもしれませんので、拡張性にも配慮したPC選びを心がけてください。

リアルタイム感を届けるイベント配信の要件

ライブ配信で快適にイベントや展示会、ライブの中継を行いたい場合、それなりのPCスペックが求められます。

まず、プロセッサは強力なものが望ましく、例えばIntelのCore i5以上か、AMDのRyzen 5以上が適しています。

これにより複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすことができます。

メモリに関しては、ライブ配信の複雑さに比例して必要な容量も増加しますが、最低でも8GBは欲しいところです。

さらに余裕を持たせるならば16GB以上を目指すといいでしょう。

グラフィックスカードについても考慮する必要があります。

特に複数のカメラからの映像を取り扱うなら、NVIDIAかAMDの専用GPUを搭載したPCを選びましょう。

これにより映像のエンコードや複数のストリーム処理がスムーズに進むでしょう。

ストレージは、速度と容量のバランスが重要です。

SSDはHDDに比べて高速で、ライブ配信中のデータの読み書きにおいて体感速度の差が出ます。

256GBのSSDが最低ラインですが、できれば512GB以上を推奨します。

また、長時間の録画を行う可能性があるならば、追加の大容量HDDや外付けのストレージが便利です。

最後に、安定したインターネット接続のための良好なネットワークインターフェイスが重要です。

有線のEthernet接続を推奨しますが、Wi-Fiを使う場合は、最新のWi-Fi 6に対応していることを確認してください。

これらのスペックを満たせば、ライブ配信においても快適な操作が可能となり、視聴者に高品質なコンテンツを届けることができるでしょう。

エンタメ業界をリードするライバー&インフルエンサー用PC

ライバーやインフルエンサーがライブ配信を快適に行うためには、安定したパフォーマンスを確保するためにいくつかのスペックが推奨されます。

まず、プロセッサーはライブ配信のエンコーディングに負荷がかかるため、インテルCore i5以上またはAMD Ryzen 5以上のものを選んでいただくと良いでしょう。

メモリーは同時に複数のタスクを行うことが多いため8GB以上、なおかつ真剣に配信に取り組むのであれば16GB程度をお勧めします。

ビジュアルコンテンツのクオリティを高めるためには、専用のグラフィックスカードがあると有利です。

特にゲーム配信を考えている場合、NVIDIA GeForce GTX 1660以上やAMD Radeon RX 5600以上のグラフィックスカードが推奨されます。

ストレージに関してはSSDを使用することでプログラムの起動やデータの読み書き速度が向上し、全体の応答性が改善されるため、256GB以上のSSDを選択すると良いでしょう。

さらに、安定したライブ配信を保つには高速で安定したインターネット接続が必要です。

有線LAN接続が可能なネットワークカードを搭載しているか確認してください。

最終的には使用する配信ソフトウェアやエンコーディングの設定、配信するコンテンツの種類にもよりますが、これらの基本的なスペックを満たしているPCを用意することで、より多くの視聴者に快適なライブ配信を楽しんでもらうことができるでしょう。

信頼関係構築 株主総会・IR向けPCセットアップ

株主総会やIRのライブ配信をスムーズに視聴するためには、安定したインターネット環境と適切なPCスペックが重要です。

推奨されるPCのスペックとしては、まずプロセッサーは最低でもIntel Core i5クラス以上をお勧めします。

これにより、ライブストリーミングのデコード処理を快適に行うことができます。

メモリは4GB以上が望ましいですが、より多くのアプリケーションを同時に使用する場合は8GB以上を目安にしてください。

グラフィックスは統合型で問題ありませんが、独立したグラフィックカードが搭載されているPCの方が動画の再生が滑らかになります。

また、インターネット接続は安定したブロードバンド接続が必要です。

有線LAN接続が理想的ですが、Wi-Fiを使用する場合は5GHz帯のWi-Fiを選ぶとより良い接続が期待できます。

PCのディスプレイ解像度はフルHD(1920×1080)以上が推奨され、ライブストリーミングの映像をクリアに見ることができます。

さらに、ライブ配信中には時折メモを取ることがあるかもしれませんので、十分なディスプレイサイズやデュアルディスプレイ環境を準備することも考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

これらのスペックを備えたPCを用意することで、株主総会やIRのライブ配信を快適に視聴することができるでしょう。

ゲーム実況で差をつけるPC構成

ゲーム実況のライブ配信をする際には、スムーズで快適な配信経験のために結構なスペックが求められます。

まずはプロセッサですが、Intel Core i7またはAMD Ryzen 7以上を推奨します。

これにより、複数のアプリケーションを同時に実行しても安定したパフォーマンスを保つことができます。

メモリは16GB以上を搭載して、ゲームと配信ソフトウェアを同時にスムーズに運用する余裕を持ちましょう。

グラフィックカードに関しては、少なくともNVIDIA GeForce GTX 1060やAMD Radeon RX 580の性能を持つものが必要です。

これによって現代のゲームを高画質で配信するときにも、視聴者にクオリティの高い映像を届けることができます。

ストレージは、ゲームのインストールや配信の録画データを保存するために、大容量のSSDを推奨します。

また、インターネットの接続速度も重要で、特にアップロード速度が安定して高いことが大切です。

さらに、冷却システムも忘れてはいけません。

長時間のゲーム配信においては、PCが適切な温度を保つことで、パフォーマンスの低下やハードウェアの障害を防ぐことができます。

以上のようなスペックを持ったPCを用意することで、視聴者にとって楽しいゲーム実況ライブ配信を提供することが可能になります。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


選ぶべきプラットフォーム別推奨PCスペック

選ぶべきプラットフォーム別推奨PCスペック

17LIVE使用時の最適PCガイド

17LIVEで快適にライブ配信を楽しむためには、一定のPCスペックが推奨されています。

まず、CPUに関しては、Intel Core i5以上もしくは同等の性能を持つAMDプロセッサを搭載していることが望ましいです。

メモリ(RAM)は8GB以上あるとうれしいですね。

ストレージについては、SSDを使っていると配信データの読み書きが速くて、配信がスムーズになるでしょう。

グラフィックカードは、特に3Dゲームなどを配信する場合には、NVIDIA GeForce GTX 1060やAMD Radeon RX 570以上の性能があるとより高画質での配信が可能です。

Webカメラやマイクの品質も配信の質に影響するので、好ましい映像と音声を提供できるものを選ぶことが大切です。

以上のスペックを満たしていれば、17LIVEでのライブ配信を存分に楽しむことができるでしょう。

インターネット環境にも注意して、安定した高速な接続が確保できているかを確認することも忘れないでくださいね。

Mirrativeでの配信、パフォーマンス重視のPC選び

ミラティブでのライブ配信をスムーズに行うためには、安定したインターネット環境と適切なPCスペックが推奨されます。

まずCPUに関しては、インテルのCore i5以上あるいはそれに相当するAMDのプロセッサが望ましいです。

メモリ(RAM)は8GB以上を搭載していることが理想的ですが、より快適に配信を行いたい場合は16GB以上を目指すといいでしょう。

グラフィックスカードは、特に3Dゲームの配信を考えていなければ、オンボードグラフィックスでも問題ありません。

しかし、高品質のゲームや複数のソフトウェアを同時に使用する予定がある場合はNVIDIAやAMDの中?上級クラスの製品を選ぶと良いでしょう。

ストレージに関しては、速度の面からSSDを使用することが推奨されており、256GB以上の容量があれば運用上問題ありませんが、できれば512GB以上にしておくと余裕を持って配信ができるでしょう。

こういったスペックを目安にPCを選ぶことで、ミラティブでのライブ配信を快適に楽しむことができます。

ゲーマー必見! Twitch向け高性能PC

Twitchで快適にライブ配信を行うためには、以下のようなPCスペックが推奨されます。

CPUには、少なくともIntel Core i5-4670プロセッサ(あるいはAMD同等のもの)を搭載していることが望ましいです。

メモリは8GB以上が理想的で、これにより配信中の様々なアプリケーションの使用がスムーズになります。

グラフィックスカードも配信の品質を左右する大切な要素で、NVIDIA GeForce GTX 10シリーズ以上、もしくはAMDのRadeon RXシリーズ以上があると高画質での配信が可能です。

ストレージについては、配信データの一時保存やゲームのインストールなどを考慮して、SSDを使用するとアクセス速度に優れたパフォーマンスを得られます。

インターネット回線は、アップロード速度が重要で、安定した配信を実現するためには最低でも3Mbps以上の速度が必要ですが、より高画質で配信を行いたい場合はそれ以上の速度が推奨されます。

これらのスペックを満たしていれば、Twitchでの配信がスムーズに、そして快適に行えるでしょう。

ビジネスでも大活躍! Zoom対応PC

Zoomのライブ配信を快適に行うためには、パソコンの性能にも気を配る必要があります。

まず、プロセッサはインテル Core i5以上または同等のAMD製プロセッサが望ましいです。

これにより、複数の参加者がいる配信や高解像度でのストリーミングもスムーズに行えます。

メモリは8GB以上を推奨しますが、よりたくさんのアプリケーションを同時に動作させる場合やより高いパフォーマンスを求めるなら16GB以上が理想的です。

グラフィックスについては、内蔵グラフィックスでも問題なく動作することが多いですが、特に動画の品質にこだわる場合は専用のグラフィックカードを搭載したPCを選ぶと良いでしょう。

ストレージに関してはSSDの使用をお勧めします。

SSDはHDDに比べて高速にデータを読み書きできるため、システム全体のレスポンスが向上し、配信中のトラブルも少なくなります。

また、高速なインターネット接続も重要です。

有線LAN接続が理想的ですが、無線接続でも安定した高速Wi-Fi環境を確保してください。

これらのスペックを参考に、ストレスのないZoomライブ配信をお楽しみいただけます。

ニコニコ生放送に最適なPCセットアップ

ニコニコ生放送で快適にライブ配信を行うためにはそれなりのパソコンスペックが求められます。

まず、CPUはインテルCore i5以上のものが望ましいですね。

配信ソフトをスムーズに動かし、エンコードの処理もバッチリこなせるパワーが必要になりますから。

メモリは8GB以上を目安にすると、複数の作業を同時に行っても問題なく対応できるでしょう。

グラフィックカードに関しては、内蔵グラフィックスだと少し物足りないことがあるので、NVIDIAやAMDの専用グラフィックスカードを持っていると良いですね。

ストレージはSSDを選ぶと、起動やデータの読み書きが速く、快適に配信活動ができますよ。

また、インターネット回線も大事で、安定して高速な通信が可能な環境を整えることが重要です。

これらのスペックが揃っていれば、ニコニコ生放送でのライブ配信もスムーズに行うことができますね。

インスタグラムライブにふさわしいPCは?

インスタライブのライブ配信で使うパソコンは、快適なストリーミングを実現するためにある程度の性能が必要です。

まずはプロセッサに注目し、インテルのi5以上やAMDのRyzen 5以上を選ぶとよいでしょう。

メモリ(RAM)は8GB以上が望ましく、特に同時に複数のアプリケーションを使用する場合は16GBを目安にすると余裕をもって配信ができます。

ストレージはSSDを推奨し、最低でも256GBは欲しいところですが、できれば512GB以上あると安心です。

また、インターネットへの接続には有線LANが好ましく、高速なWi-Fi環境でも問題ありませんが、なるべく帯域が広く、安定した接続速度が出ていることが重要です。

グラフィックスについては内蔵グラフィックスで十分ですが、より高画質で配信したい場合は専用のグラフィックカードを搭載したPCを選ぶといいでしょう。

最後に、配信中のPCが発熱しないように良好な冷却システムを持つことも大切です。

以上の点を踏まえつつ、具体的な機種選びや設定を行うと快適にインスタライブを楽しむことができるでしょう。

SHOWROOMで活躍するPC仕様

SHOWROOMのライブ配信に適したPCのスペックには、特に快適な配信を行うためのいくつかの要素が考慮されます。

まずプロセッサーは安定した配信を行うために、Intelのi5以上か、それに相当するAMDのプロセッサーが推奨されます。

メモリは8GB以上を搭載していると良く、これにより複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすことが可能になります。

ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDを使うと、OSやアプリケーションの起動が早くなり、快適な配信環境を構築できます。

また、ライブ配信の映像をより綺麗に送るためには、適切なグラフィックス機能を備えたGPUが望ましいですが、組み込みグラフィックスでも基本的な配信は可能です。

インターネットの通信速度も配信のクオリティに関わるため、安定した高速インターネット環境を確保することも大切です。

これらのスペックに加えて、外部からのノイズを抑えたマイクや、良好な照明条件も配信の質を高めます。


ツイキャス配信者のためのPC選び

ツイキャスでライブ配信をする際に推奨されるPCのスペックは、安定した配信を行うためにも重要です。

まず大切なのは、プロセッサです。

Intel Core i5以上または同等の性能を持つAMDのプロセッサが望ましいです。

メモリは最低でも8GBを搭載していると安心ですが、複数のアプリケーションを同時に使用する場合は16GBあるとさらに快適に配信できます。

グラフィックスについては、オンボードでも問題はありませんが、配信のクオリティを上げたい場合やゲーム配信を考えているなら、専用のグラフィックカードが装備されているPCを選ぶと良いでしょう。

ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDを選ぶとPC全体の動作がスムーズになります。

256GB以上の容量があれば、OSや必要なソフトウェアをインストールしても十分なスペースが確保できます。

配信時にはインターネット接続も重要で、有線のEthernet接続を推奨しますが、Wi-Fiを使用する場合は、安定した高速な通信が可能な環境を整えることが望ましいです。

これらのスペックを備えたPCを使うことで、ツイキャスでのライブ配信が快適に行え、視聴者にとっても楽しい配信になるはずです。

視聴者に良質なコンテンツを提供するためにも、適切なスペックのPCを選ぶようにしましょう。

YouTube LIVEでの配信におすすめのPC

YouTube LIVEのライブ配信でおすすめするPCのスペックですが、快適な配信をするためにはまず、CPUはIntel Core i5以上または同等クラスのAMDプロセッサを搭載していることが望ましいです。

メモリは8GB以上が必要ですが、より複雑な配信を行う場合は16GBを推奨します。

グラフィックスカードは、基本的な配信であれば統合グラフィックスでも十分ですが、ゲーム配信などをスムーズに行いたい場合はNVIDIA GeForce GTX 10シリーズやAMD Radeon RX 570以上の専用グラフィックスカードを使用すると良いでしょう。

さらに、ストレージに関しては、高速なSSDを使用することで配信中のデータ読み書きがスムーズになり、配信のパフォーマンス向上に繋がります。

インターネット接続も重要で、安定した高速な回線を利用することで配信の品質が大きく改善されるため、有線のイーサネット接続を推奨します。

これらのスペックを備えたPCを用意することで、YouTube LIVEでのライブ配信を快適に楽しむことができます。

配信クオリティを高める機材リスト

配信クオリティを高める機材リスト

クリアな音質を実現するオーディオミキサー

ライブ配信にオーディオミキサーを導入することは、音質を大きく向上させることができるからです。

さまざまな音源を一か所で管理できるため、例えばバランスをとりやすかったり、ミュートやボリューム調整を素早く実行できたりします。

さらに、エフェクトをかけることで音声に奥行きを持たせたり、視聴者に心地よい聞こえ方を提供できたりします。

配信中に環境音やノイズが発生した場合も、オーディオミキサーを使えば、リアルタイムで対処し、クリアな音声を維持することが可能です。

配信のプロフェッショナルさをアピールするためにも、オーディオミキサーは大変重宝します。

カメラと三脚 安定した映像作りの基本

ライブ配信でカメラと三脚があると便利な理由は、安定した映像を撮影できることです。

手持ち撮影だとどうしても揺れが生じてしまいますが、三脚を使えばその揺れを大幅に減らすことができますし、撮影中にカメラを動かさなくてもいいので配信者は手が自由になり、パフォーマンスやプレゼンテーションに集中できます。

また、画角を事前にしっかりと決めておけば、配信中の構成をよりコントロールしやすくなります。

カメラ自体も高画質で安定した映像が得られ、視聴者にとっても快適な視聴体験につながります。

それにカメラの設定によっては、照明やカラーバランスが変わる環境でも、相応しい画質を保つことができるので、プロフェッショナルな配信が可能になります。

ですから、カメラと三脚はライブ配信にとって非常に重要なツールなのです。

映像の取り込みはキャプチャーボードにお任せ

ライブ配信でキャプチャーボードがあると、いろいろなメリットがあります。

たとえば、ゲームやその他のビデオソースを高品質で配信する場合に役立ちます。

パソコン自体の負荷を軽減しつつ、映像をクリアに、スムーズに視聴者に届けることができます。

また、外部からの映像信号を直接キャプチャすることで、複数のカメラや映像入力を切り替える際にもスムーズで、よりプロフェッショナルな配信が可能になります。

さらに、専用のキャプチャーソフトウェアを使えば、簡単に映像や音声の調整ができ、視聴者にとって魅力的な配信を実現できるでしょう。

ですから、キャプチャーボードはライブ配信をする上で非常に便利なツールといえます。

映像切り替えのスマート化にスイッチャー

ライブ配信においてスイッチャーがあるととても便利ですよね。

スイッチャーを使うと、複数のカメラや映像ソースを切り替えながら配信することができるので、視聴者にとって見ていて飽きのこない、プロフェッショナルな映像体験を提供することが可能です。

たとえば、メインのカメラとサブカメラ、パソコンの画面など、いくつかの視点をスムーズに変えていくことで、話の展開や見せ場に合わせた演出ができます。

また、音声のミキシング機能を持つスイッチャーだと、マイクロホンやBGMなどの音もコントロールできて、映像だけでなく音の面でも質の高い配信が行えます。

さらに、リアルタイムでテロップや映像エフェクトを加えることもできるため、インタラクティブな演出や視聴者とのコミュニケーションもより一層豊かになります。

それによって、配信者は自分の創造力やメッセージをより効果的に伝えることができるので、ライブ配信をする上でスイッチャーは非常に重宝するツールなんですよ。

表情を明るく魅せるLEDライト照明

ライブ配信でLEDライト照明を使うのは、映像が鮮明になり配信のクオリティを高めるためです。

LEDライトは色温度や明るさが調節できるため、部屋の自然光や他の照明に左右されず、顔色を自然に見せたり、目立つべき部分を強調したりするのに最適です。

また、LEDは比較的発熱が少なく長時間の使用にも向いているため、ライブ配信中に暑さや不快感を軽減できます。

省エネで長寿命な点も、頻繁に使用するライブ配信においては経済的で便利なメリットといえます。

そういった様々な利点があるため、LEDライト照明はライブ配信をする際に非常に役立ちます。

聞き取りやすい配信のためのマイク選び

ライブ配信でマイクがあると便利なのは、まず声がクリアに聞こえるようになるからです。

本体のマイクよりも専用のマイクの方が音質が良く、細かなニュアンスまで拾うことができます。

また、環境音や雑音を抑えることもできるので、視聴者にとって聞き取りやすい配信を行うことができます。

マイクがあることで声の大きさを調節しやすくなるため、長時間の配信でも声を張りすぎることなく、話すことができますし、配信者の声に負担がかかりにくくなります。

視聴者とのコミュニケーションもスムーズになるので、より一層、配信を楽しむことができるんですよ。

ストリーミング効率を上げる便利ツール

ストリーミング効率を上げる便利ツール

作業効率アップ! 必須のデュアルモニタ設定

ライブ配信をする際にデュアルモニタがあると大変便利です。

一つの画面で配信のコンテンツを映しながら、もう一つの画面を使ってチャットの監視や操作を行うことができます。

こうすることで、配信者は視聴者からのコメントに素早く反応することが可能になり、また配信中のゲームやプレゼンテーションを中断することなく、スムーズに意見交換や情報共有ができるようになります。

さらに、放送用のソフトウェアやストリーミング設定などを別のモニターに配置することで、技術的なトラブルが起きた時も容易に対処することができ、視聴者にとっても快適な配信体験を提供できるようになります。

配信に個性を! ボイスチェンジャー活用法

ライブ配信でボイスチェンジャーがあると、配信者が異なるキャラクターを演じ分けたり、プライバシーを保護しながら声を出して話すことができるのでとても便利です。

また、声の変化を楽しむことによって、視聴者に新鮮な体験を提供したり、一風変わったエンターテインメントを演出することが可能になります。

特にアバターを使用するバーチャル配信ではキャラクターの世界観に合った声を出せるため、よりリアリティのある配信を実現することができますし、声での個人特定を避けたい場合にも役立ちます。

ですから、ライブ配信においてボイスチェンジャーを利用することは、配信者と視聴者双方にとって楽しく実用的な方法といえるでしょう。

高品質な映像を提供するキャプチャカード再考

ライブ配信でキャプチャカードがあると便利なのは、高品質な映像と音声を配信するためです。

キャプチャカードは、ゲーム機やカメラ等の別のデバイスからの映像や音声をパソコンに取り込む役割を果たします。

これにより、元の映像そのままの高画質やクリアな音声で配信でき、視聴者により良い視聴体験を提供することができます。

また、パソコン単体では扱えない映像信号をキャプチャカードが変換することで、幅広いデバイスとの互換性を実現し、さまざまな種類の配信素材を利用することが可能になります。

さらに、複数の映像源を同時に扱ったり、映像の遅延を最小限に抑えたりすることもできるため、プロフェッショナルな配信を行う上で欠かせないツールとなっています。

ライブ配信のためのPC選びの総まとめ

ライブ配信のためのPC選びの総まとめ

最適なライブ配信PCを選ぶためのチェックリスト

ライブ配信用PCとは、インターネットを通じて動画や音声のライブストリーミングを行うために特化したコンピューターのことです。

この種のPCは、高負荷がかかるビデオのエンコーディング処理や、複数の映像源からの同時入力といった、ライブ配信に求められるタスクを効率良くこなせるようにパワーアップされたCPUや、高速のグラフィックスカードを搭載しています。

また、安定した配信を実現するため、高速なインターネット接続ができる強力なネットワークインターフェイスや、大量のデータ転送に対応した十分なストレージスペース、そして長時間の使用にも対応する冷却システムが備わっていることが一般的です。

ライブ配信では、カメラやマイクからの入力信号をリアルタイムで取り込み、視聴者に快適な視聴体験を提供するために高画質かつ高音質で配信することが重要です。

そのため、配信用PCには配信ソフトウェアがインストールされており、それを通じて映像や音声の合成、効果の追加、視聴者からのコメントへの対応など多岐にわたる操作を行うことができます。

さらに、どんなに素晴らしいパフォーマンスやコンテンツを配信しても、不安定なストリームや遅延があれば視聴者の満足度は大きく下がるため、配信用PCは高い信頼性とパフォーマンスが求められるわけですね。

ユーザーがライブ配信で成功を収めたい場合には、配信用PC選びは非常に重要です。

動作がスムーズでトラブルが少なく、視聴者に最高の体験を提供できるよう、適切な構成のPCを選ぶことが肝心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次